加藤紗里が下着姿でタトゥーを披露 「悪役を演じる宣言」に賛否両論

タレントの加藤紗里がインスタグラムで百合の紋章のタトゥーを入れたことを告白 下着姿の画像も公開し「悪役宣言」も

エンタメ

2020/08/05 20:20

加藤紗里

タレントの加藤紗里が、自身の公式インスタグラムを更新。新たにタトゥーを入れたことを報告し、下着姿の近影を公開した。



 

 

■娘のために百合の紋章を彫った?

View this post on Instagram

昨日あつしくんにタトゥー入れてもらったよ❤️これはりりへ向けてのタトゥーだよ!百合の紋章。 『悪役を演じる』それが紗里のやり方であって、それが紗里の本性なのかもしれない。 そんなの紗里にも正直わかんないけど、たくさんの人に叩かれたり強制させられたって今更それに合わせられないし。 『紗里は加藤紗里を背負って生きてる』みんなだって自分を背負って生きてるでしょ?? 今年から紗里は『りりのことも背負って生きていく』 パパ、ママ心配ばっかりかけてほんとにごめん!!でも紗里は加藤紗里を背負うのを辞めたとき、パパとママのとこに帰ることがあるかもね。。。

A post shared by 加藤紗里(かとうさり) (@katosari) on

加藤が5日にアップしたのは、黒マスク姿のイケメンと顔を寄せ、腕のタトゥーを見せて微笑んでいるツーショット。

投稿には「昨日あつしくんにタトゥー入れてもらったよ これはりりへ向けてのタトゥーだよ! 百合の紋章。」という文章が添えられており、4月に誕生した愛娘の「りり」という名前にちなんで、百合の紋章を彫ったことを明かしている。


関連記事:加藤紗里、タトゥーへの批判に「うるせーよ」 法改正も訴え怒りの選挙応援

 

■悪役宣言と親への謝罪

さらに加藤は、「『悪役を演じる』それが紗里のやり方であって、それが紗里の本性なのかもしれない」として、多くの人に叩かれても合わせるつもりはないと明言。

「紗里は加藤紗里を背負って生きてる」と述べ、今年からは娘のりりちゃんのことも背負って生きる、と意気込みを語っている。

さらに、心配をかけた両親への謝罪の言葉も記述し、「でも紗里は加藤紗里を背負うのを辞めたとき、パパとママのとこに帰ることがあるかもね」と心境を明かしている。

次ページ
■刺青やタトゥーに恐怖感を覚える?