遼河はるひ、宝塚劇場クラスター認定に心痛 「新トップお披露目だった」

ファンも一丸となって感染症対策に取り組んできた、宝塚大劇場で、新型コロナのクラスター認定。遼河はるひが生放送で心痛なコメント

エンタメ

2020/08/07 20:05

遼河はるひ

7日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)に、宝塚歌劇団出身の女優・遼河はるひが出演。兵庫県宝塚市の宝塚大劇場にて、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生したことにコメントした。



 

■出演者やスタッフ計11人が感染

宝塚歌劇団は今月6日、宝塚市の大劇場で上演中だった、花組『はいからさんが通る』の出演者5人、スタッフ2人の計7人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表。

今月4日にも出演者やスタッフ計4人の感染が確認されており、同公演での感染者は計11人に。兵庫県はクラスター発生と認定した。


関連記事:加藤浩次、メディアが生んだクラスター像をバッサリ 「よく言った!」

 

■万全を期していたにも関わらず…

宝塚歌劇団は、7月13日に130日ぶりに大劇場を再開したばかり。密な状況を作らぬよう稽古場も工夫し、1度に舞台に上がる人数を制限、プライベートでも感染対策を徹底するなど、万全を期してきた。

しかし、今回のクラスター発生を受けて『はいからさんが通る』の公演については、今月16日までの公演中止を決定。再開時期については、「決定次第、公式ページにてご案内いたします」としている。

次ページ
■「新トップお披露目」特別な公演だった