セカオワSaori、飲食店の店員とLINE交換したワケ 「神が現れた」

「SEKAI NO OWARI」のSaoriは、飲食店に入店したときの出来事を投稿。素敵なエピソードに感動の声が。

エンタメ

2020/08/08 06:15

SEKAI NO OWARI・セカオワ・Saori

人気バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバー・Saoriが7日、自身のインスタグラムを更新。訳あって飲食店のスタッフとLINEを交換したことを明かし、感動するファンが相次いだ。



 

■支払いが現金のみの飲食店で…

新曲のことを考えながら、飲食店に入店した際の出来事をつづったSaori。注文した冷たい鳥そばをすすると、「ヤバい!! この店現金のみだ!!」と気付き、「心拍数が跳ね上がった」という。

Saoriは近頃電子マネーに頼っていたため、現金を持ち歩いていなかったようで、正直に飲食店のスタッフに相談したそうだ。

すると、スタッフの女性は「LINE Payで私に振り込んでくれたら、現金で払いましょうか」と一言。「神様が現れたと思った」というSaoriは、「LINE Pay」使うべく女性スタッフとLINEを交換し、ことなきを得たという。

View this post on Instagram

‪新曲のことを考えながら、ふら〜っとお店に入り鳥そばを注文した。 ずっと家にいると新しいアイディアが浮かばなくなるので、散歩しながら考えることも多い。 運ばれてきた冷たい麺をちゅるっとすすると、一気に汗がひいていった。そして同時に 「ヤバい!!この店現金のみだ!!」と気付いた。 心拍数が跳ね上がった。 近頃、電子マネーに頼りすぎて現金を持ち歩いていなかったのと、曲のことを考えてぼーっとしていたダブルパンチ。 正直にお店に相談すると、スタッフの女性が 「LINE Payで私に振り込んでくれたら、現金で払いましょうか」‬ と提案してくれた。 神様が現れたと思った。 LINE Payを使うには友達登録をしなければならず、仕事中の彼女は見ず知らずの私と連絡を交換した上に決済させてくれると言う。 私は「本当に申し訳ありません」「本当にありがとうございます」と何度も頭を下げて家に帰った。 その夜、彼女からLINEでメッセージが届いた。 「あの、SEKAI NO OWARIのSaoriさんですか?」 10年音楽をやってきて、一番恥ずかしいバレ方だと思った。 「ずっと応援してます!」 と言って下さったので、 「次は必ず現金を持参して伺います」 と返信しました。

A post shared by Saori (@saori_fujisaki) on


関連記事:吉田沙保里、隠していた音楽の才能披露し反響 「逆にできないものってなんですか?」

 

■「そんなことあるんだ…」と感動

まるで物語のような展開に、ファンは「そんな素敵な女性に出会えたさおりちゃんは幸せものですね」「すごい。そんなことあるんですね」「素敵な出会いですね」と感動している様子。

また、SaoriとLINE交換した飲食店のスタッフに「私もいつか彩織ちゃんにお会いしたいです」「さおりちゃんのLINEをGETするなんて…」と羨望の眼差しを向けるファンも。


■支払いは現金?キャッシュレス?

交通系ICカードや電子決済サービスの利用が一般的になってきた昨今。導入している店舗も多いため、支払いはキャッシュレス派という人も少なくないはず。

しらべぇ編集部が、2018年に全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「支払いはキャッシュレス派」と答えたのは全体の27.7%。現在はさらに増えている可能性もあるだろう。

支払い

助けてくれた店員に、何度も頭を下げて帰ったというSaori。帰宅後、店員から「あの、SEKAI NO OWARIのSaoriさんですか?」とメッセージが来たことを明かし、「10年音楽をやってきて、一番恥ずかしいバレ方だと思った」と自虐気味につづった。

・合わせて読みたい→加藤浩次、飲食店で客がやるべきコロナ対策に驚き 「おしぼり使うなってこと?」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎