『アクタージュ』最終回掲載のジャンプ 「即日完売」を誤解する事情があった

週刊少年ジャンプの人気漫画『アクタージュ』の連載終了が決定。11日発売の本誌掲載が、同作最後の掲載となったが…。

話題

2020/08/11 16:40

少年ジャンプ

『週刊少年ジャンプ』にて連載していた漫画『アクタージュ act-age』の原作担当・マツキタツヤ氏が8日、強制わいせつ罪の容疑で逮捕された。

今回の件を受け、少年ジャンプ編集部は『アクタージュ』の連載終了を発表。ネット上では同作最後の掲載号となる36・37号(合併号)の即日完売を懸念する声が続出している。



 

■事件の詳細は…

マツキ氏は今年6月18日の夜、中野区の路上を歩いていた女子中学生の後ろから自転車で近づき、体を触った容疑を認めているという。

マツキ氏が逮捕された今月8日、少年ジャンプ編集部は公式ツイッターより謝罪文を投稿。続く10日のツイートで、11日発売の合併号を以て『アクタージュ』の連載が終了することを発表した。


関連記事:『鬼滅』ファンに配慮した集英社の対応に称賛 「本当に好きな作品だから…」

 

■買い占めと転売を懸念する声

「役者」という少年ジャンプらしからぬ題材にも関わらず、「往年のどの漫画よりジャンプらしい」という評価の声も多数上がっていた同作。特に連載終了直前に掲載された回は、数週間の助走期間を経た「大河ドラマ編」が盛り上がりを見せつつあった内容ということもあり、読者からは行き場のない悲しみの声が相次いでいる。

また人気作の最終回が掲載されたことから、同号の買い占めや転売を予想する読者も多数。ツイッター上を見ると、「今週のジャンプ、コンビニに置いてないんだけど…」といった報告談も見られた。


■実際にコンビニへ行ってみると…

11日昼ごろ、記者が都内近郊のコンビニを覗いてみると、いずれの店舗でも『少年ジャンプ』の最新号の在庫は潤沢に揃っていた。見たところ、売り切れの心配は全くなさそうである。

通常なら毎週月曜発売となる同誌だが、今週号は火曜に販売。一部地域ではさらに1日遅い12日の水曜に店頭に並ぶため、販売前の状態を「売り切れ」と勘違いした読者も多いようだ。

・合わせて読みたい→『ジャンプ』新連載は鬼滅の再来か 「さすが矢吹先生!」と絶賛の声

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)