バカリズム、オードリー春日をスター扱いする本心を吐露 「発端は若林」

『あちこちオードリー』でバカリズムがオードリー・春日俊彰をスター扱いする本心を明かして…

エンタメ

2020/08/12 17:00

オードリー・春日俊彰

唯一無二の個性で一部の芸人から支持されるオードリーの春日俊彰。そんな「春日信者」の1人として知られるバカリズムが11日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)にゲスト出演し、「春日をスター扱いする」真相を明かした。



 

■若林の嫉妬

なにかと春日を褒めるバカリズムに、オードリーの若林正恭は「升野さん(バカリズム)が、春日のことめちゃ褒める、あれが許せない」と嫉妬をあらわに。

若林は自身が一番バカリズムに褒められたいと主張。「記憶の限り、升野さんが『あのネタいいですよ』とか言ってくれたことがない」と不満を爆発させた。


関連記事:オードリー、『ナイナイANN』矢部浩之復帰に感激 「やべっちが帰ってきた」

 

■若林の追求に…

「ふたりでお茶するときも春日をスゴイ褒める。俺は『早く終わんねぇかな、春日の話』って(いつも思っている)」と語る若林に、バカリズムは「春日さんはスターだから。若林さんの価値は技術にある。春日さんはもう存在に価値がある」とフォローする。

それでも「存在のほうがいい。あんなに(春日を)褒めてるのは升野さんだけ」と反論する若林にバカリズムがついに本音を口にした。

次ページ
■驚きの真相