モスバーガーで販売されているグミが衝撃的だった 気になるその味は…

モスバーガーのグミが凄い。作って食べて楽しい商品だった。

グルメ

2020/08/21 08:20

モスバーガーからグミが販売されていることを知っているだろうか。その名も「つむモスグミ」(税抜380円)という商品で、オリジナルのハンバーガーグミを作ることができる。


画像をもっと見る

 

■グミでハンバーガーを作る?

グミでハンバーガーを作るという情報ではピンと来なかったので、実際にモスバーガーへ行って購入。パッケージは普通のグミのお菓子みたいだ。

封を開けて中身をすべて取り出してみると、たくさんのグミが飛び出してきた。一体何種類あるのだろうか。

気になったので、一つずつ数えてみることに。結果は、レタスが20個、パティが18個、トマトが19個、バンズの上の部分が9個、下の部分が5個となる。これらを組み合わせて自分だけのハンバーガーを作ることができるらしい。


関連記事:ベイスターズ、球場前に絶品ハンバーガー店が誕生 助っ人たちが味をレビュー

 

■まずは素材の味を確かめる

ハンバーガーを作るには、素材の味を知らなければいけないということで、一つずつ試食。まずは主役ともいえるパティ(コーラ味)から食べてみると、いつものコーラより甘さ控えめでスッキリとしており、ほのかに炭酸を感じる。

コーラの再現度が高く結構なパンチ力があるので、主役のパティとなるには十分なポテンシャルを秘めているのではないか。

次は、爽やかな酸味でハンバーガーのうまみを引き立てるトマト(ストロベリー味)。まず驚いたのがトマトとは思えないほどの、しっかりとした噛みごたえだ。肝心の味は、ストロベリー特有の甘さと、ほど良い酸味を感じることができた。これは、ハンバーガーの良いアクセントとなりそうだ。

次ページ
■レタスとバンズの味は…

この記事の画像(10枚)