雑談が苦手な人は4割超え 「美容院に行きたくない」という女性も

必要な会話以外は、したくない人もいるだろう。しかし雑談が重要だと考える人も、多数いるようである。

人間関係

2020/09/05 20:40

必要な会話以外は、できるだけしたくないと考える人もいるかもしれない。しかしながらコミュニケーションにおいて雑談は、重要な要素なのも事実である。


画像をもっと見る

 

■「雑談が苦手」4割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「会話について」の調査を実施した。

雑談が苦手グラフ

「雑談が苦手だ」と答えた人は、44.4%だった。


関連記事:店員同士の世間話に違和感? 30代以上女性の6割が不満を抱いていると判明

 

■沈黙で気まずく

性年代別では、多くの年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

雑談が苦手性年代別グラフ

中でも20代は、半数を超えている。とくに初対面や目上の人には、緊張してしまう人が多いようだ。

「気心の知れた友達とかなら、いくらでも雑談ができる。だけど初対面や目上の人には、緊張してなにを話していいかわからない。


向こうもおとなしい人の場合には、ものすごい沈黙になることも。すごく気まずい空気が流れるから、もう少しは雑談力がほしいと思う」(20代・男性)

次ページ
■雑談は求めていないのに

この記事の画像(3枚)