今年は不漁で「サンマ定食」は食べられない? やよい軒に聞いてみたら…

大不漁となった昨年よりも低迷しているサンマ漁。果たして「サンマ定食」は発売されるのだろうか……

グルメ

2020/09/08 06:00

やよい軒

「過去最低」と言われた昨年のサンマ漁。しかし、今年の漁獲量は昨年よりもさらに低迷し、「歴史的不漁」とも報じられている。

そうした中で気になってくるのが、外食産業への影響だ。かつては当たり前のように提供されていた「サンマ定食」が、果たして今年は食べられるのだろうか……。



 

■昨年は販売見送り、延期など相次ぐ

これまで秋口になると「サンマの塩焼定食」がリーズナブルな価格で味わうことができたが、大不漁となった昨年は、サンマ定食などのメニュー提供を延期・見送るチェーン店も見られ、異例の事態に。

今年は7月15日に北海道釧路市で水揚げされた生サンマの初競りが行われたが、店頭価格が1尾5,980円と過去最高値が付けられた。8月下旬からサンマ漁は本格化されているが、昨年より低迷しているとされ、不漁は深刻化している。


関連記事:スーパーで悪質「ポリ袋ハンター」の亜種が出現 ネット上で目撃報告相次ぐ

 

■「サンマ定食」今年は…

9月に入り徐々に秋の訪れを感じる中、インターネット上では「今年はサンマの塩焼き定食は出るのかな」という声がチラホラ。

しらべぇ編集部がやよい軒を運営する株式会社プレナスに、サンマを使った期間限定メニューの販売について聞いたところ、なんと「昨年は販売を見送りましたが、今年は販売予定です」との返答が。

販売開始日などについては、近日中に正式発表される予定だ。


■秋の味覚といえば「サンマ」

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,344名を対象に「秋の味覚で最も好きな食べ物は何か」という意識調査を実施したところ、サンマが最も多くの票を獲得した。

秋の味覚

改めて、サンマが多くの日本人から親しまれ、愛されていることがわかる。

今年獲れた生サンマについては、スーパーでも値段が高騰し、インターネット上でも嘆きの声が。このまま、サンマは庶民の味方から高級魚になってしまうのだろうか……。

・合わせて読みたい→吉野家、牛肉たっぷりな新作カレー&テイクアウト専用弁当が登場

(取材・文/しらべぇ編集部・越野 真由香

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1344名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)