『スッキリ』加藤浩次、セクハラ手前の記録樹立に「朝からヤバい…」の声

『スッキリ』俳優の武田真治が、サックス生演奏でスタジオに登場。加藤の思わぬ記録についてカミングアウトし…。

エンタメ

2020/09/10 13:00

極楽とんぼ・加藤浩次

10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、俳優・武田真治が出演。番組MC・加藤浩次とのやり取りが、視聴者に大きな衝撃を与えている。



 

■快進撃が止まらない

俳優だけでなく、その肉体美やサックス奏者としての腕前でも注目を集め、まさに三面六臂の活躍を見せている武田。番組出演の前日には芸能デビュー30周年を記念したアルバム「BREATH OF LIFE」をリリースしている。

今回の放送では上下黒でビシッと決めた正装で、サックス生演奏のためスタジオに現れた。


関連記事:『スッキリ』水卜アナ、CM中の加藤浩次のケンカを暴露 「スゴかった…」

 

■前回の暴走

ちなみに武田は昨年末の時期にも『スッキリ』に出演しており、その際に加藤が大暴走してしまったことが。

武井は「筋肉ルーレット」に挑むも、「地上波で乳首はNG」という確固たる意志を秘めており、しっかりタンクトップを着用。すると、それを見た加藤が「ちょっと何それ、脱いでよ。タンクトップ脱いでよ」とせがみだす。

武田は上手くかわそうとするが、加藤はその後も「乳首隠すんじゃねーよ、乳首を出せー!」と要求し続け、視聴者に大きな衝撃を与えた。


■なぜか今回は武田が…

さすがの加藤も反省したのか、今回は乳首をせがむ様子は見られない。しかし逆に武田がヒートアップしているようで、サックス演奏前に「こちらも、出すもの出す覚悟で来ているので…」と意気込みを見せる。

思わず加藤が「いや…別に普通に吹いてもらって良いですよ」と若干引き気味になだめると、武田は「あんなに求めてたんですよ、僕の乳首…」と名残惜しそうに返し、「知ってます? あの日って、テレビで一番『乳首』って叫んだ日らしいですよ」と続けてスタジオを大いに沸かせた。

「乳首」に関する加藤の記録を受け、ツイッター上には「朝から乳首の話はヤバいでしょ!」「どういう一番だよ(笑)」といった視聴者からのツッコミが多数上がっている。

・合わせて読みたい→フワちゃん、突如タンクトップに浮かんだシミでファン沸かせる

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ