ファーストサマーウイカ、毒舌キャラでのブレークに悩み 「生きづらい」

『太田伯山』でファーストサマーウイカが毒舌キャラの悩みを明かして…

エンタメ

2020/09/10 14:30

ファーストサマーウイカ
(写真提供:JP News)

9日深夜放送『太田伯山 ~悩みに答えない毒舌相談室~』(テレビ朝日系)にファーストサマーウイカが登場。毒舌キャラでブレークした彼女が、ブレーク後の苦悩を吐露した。



 

◼生きづらい世の中

ウイカは「丸くなったと言われるとモヤッとする。かといって攻めすぎて炎上するのも生きづらい。トガったままで人気者でいたい」と爆笑問題・太田光と講談師・神田伯山に相談する。

この悩みに伯山は「みんな、もうトガってない」と指摘。毒舌で知られた大竹まことや大阪時代の笑福亭鶴瓶を例にあげ、「シフトチェンジしてますよね」と年齢や時代に合わせてキャラを変えていると主張した。


関連記事:ファーストサマーウイカ、KinKi Kids真似ていた過去を告白 「堂本ハイブリッド派です」

 

◼毒舌キャラの苦悩

「視聴者のこと(クレーム)を考えると、このへんでヤメといたほうがいいかもなってなる。けどそうなると共演者は『ぬるいぬるい』って納得しない。板挟みになる、モヤモヤがある」とウイカは現状の立ち位置での苦悩を明かす。

毒舌はあくまでもキャラ、毒を吐いて個人攻撃をしたいわけではない。「やんわりと言っても視聴者からは『みんながみんなそうやと思うな』って(クレームがある)。(そこまで)言うてへんやん、みたいな」と嘆いた。

次ページ
◼時代の変化