石原さとみ、生放送中に思いが溢れ涙を浮かべる 「頑張ったんだね」

今夜最終回を迎える『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』。最終回への思いに、石原さとみが涙を浮かべた。

エンタメ

2020/09/24 15:20

石原さとみ

24日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に、女優の石原さとみが出演。自身が出演するドラマの最終回の見どころを語る際、目に涙を浮かべる一幕があった。



 

■薬剤師からの反響に救われた

本日最終回を迎えるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(同局系)で、主人公の葵みどりを演じている石原。

連続ドラマ初となる病院薬剤師にスポットを当てた同ドラマだが、良い反応・悪い反応様々あったという。その中でも、実際に病院薬剤師として働いている人たちから寄せられたリアクションに、「本当に良かったなって思いました」「すごく救われます」と思いを語る。


関連記事:石原軍団解散、なぜか世間の注目は… 「誰が炊き出しをするんだ」

 

■声をつまらせながら…

また、放送終了間際、最終回の見どころを問われた石原は「こんな薬剤師さんがいたらいいな」「こんなチームがあったら良いなと心を込めて、取材を重ねて、全話通して作ってきました」と、自身の役柄、そして撮影について振り返る。

続けて「本当に笑顔あふれる最終回になってます。ぜひご覧ください」とコメントする石原の目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

次ページ
■石原の思いは視聴者へ