『ポツンと一軒家』林業一家の少年が話題に 林先生も「おじいちゃんにパワーあげてる」

林業一家の孫が将来の夢を明かし、林修先生が笑顔に。

林修
(写真提供:JP News)

27日に放送された『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)では、10ヶ月前に訪ねた東京の檜原村に住む一家を取材。今回、その一家に話を聞く中で、孫が語った将来の夢に林修先生が笑顔を見せた。



 

■東京ドーム約107個分の山林を所有

最初に声をかけ知り合った男性は、一家のうちの1人である林業会社を経営する十四代目。男性は、江戸時代から400年続く家業を大学卒業後に継いだという。

なお、所有する山林は500ヘクタールと、その規模は東京ドーム約107個分に相当する広さだ。そんな広大な山を守り続ける男性を10ヶ月ぶりに取材すると、男性の孫2人が将来の夢を語った。


関連記事:『ポツンと一軒家』山奥に住む家族を再取材 幼い姉弟の成長に林先生も笑顔に

 

■「おじいちゃんにパワーあげてる」

将来の夢を聞くと、7歳の弟は祖父の家業を継ぎ、山に家を建てて奥さんと住むことが夢だと明かす。一方、鉄道マニアだという11歳の兄の夢は、秩父鉄道の運転手になることが夢だと告白。

所ジョージは「良いこと言ってくれるじゃないですか!」と兄弟の夢を絶賛し、林先生も「あの孫は本当おじいちゃんにパワーあげてますよね」と笑顔で語った。この林先生の発言には所も「本当ですよ、ニコニコしてるんだもん」と、同意している。

次ページ
■孫の将来の夢に視聴者は…