ユニクロ、ダウン回収でお得なクーポン配布 昨年とは違う利点も

「ユニクロ」が9月後半よりお得なクーポンを配布。昨年のキャンペーンと比較すると…。

話題

2020/09/29 05:45


 

■「去年のクーポンは…」と疑問の声

今回のサービスを受けてユーザーが思い出したのは、昨年実施されたダウン回収サービス。昨年もダウンを寄贈したユーザーに割引券が発行されたのだが、こちらは5,000円以上の買い物に対し、1,000円の値引きが適応されるというもの。

じつに倍以上の金額差ということに気づいたユーザーからは「今年は少し控え目なんだね」「去年のクーポンは1,000円引きだったのに、半分なのでは…」など煮えきらない様子の声が少なからず上がっている。


関連記事:免許合宿が税金で半額に? 本当に「Go To」対象内なのか観光庁に聞いた

 

■「今年ならでは」の利点も多数

ユニクロのダウン

しかし、目先の金額だけに惑わされてはいけない。昨年と比較し、今年のサービスのほうが優れている部分も存在するのだ。

まずはクーポンの有効範囲。昨年の割引券は1,000円引きが適応されるものの、国内ユニクロの「店舗」での買い物が対象であった。そのためオンラインストアでの買い物は対象外だったのだが、今年配布されるクーポンならば実店舗でもオンラインでも使用できる。

クーポン受け取りの際はユニクロのオンライン登録を済ませ、スマホを忘れずに持って行こう。

また、今年はクーポンの配布期間が目に見えて伸びているのもポイント。昨年は割引券発行の期間が9月20日から10月末までだったのに対し、今年のクーポン配布期間は9月25日から12月3日までと大幅に延長している。

利用期限は2月末までなので、寄贈もクーポンの使用も、時間を使ってじっくり考えることが可能なのだ。

・合わせて読みたい→ユニクロのオンラインストア利用経験 30代女性は4割超えも

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(4枚)