鈴木保奈美、『SUITS OF THE YEAR 2020』受賞 「1年をまさに象徴する賞」

『SUITS OF THE YEAR 2020』受賞の髙島宏平氏、岩元美智彦氏、宮田裕章氏、楢﨑智亜氏、鈴木保奈美がフルバーチャル授賞式に登場。

エンタメ

2020/11/05 20:00

SUITS OF THE YEAR 2020
(左から:髙島宏平、岩元美智彦、宮田裕章、楢﨑智亜、鈴木保奈美)

「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワード『SUITS OF THE YEAR 2020(スーツオブザイヤー)』。フルバーチャルで行われたその授賞式の様子が、本日5日19時に、公式ホームページにて公開された。


画像をもっと見る

 

■日本初フルバーチャルアワード

SUITS OF THE YEAR 2020

日本では初めてのフルバーチャルのアワードとして、煌びやかな都会の夜景をCGで演出した今回の授賞式。高度な技術と洗練された表現力で、グリーンバックからリアルな情景が作り出された。

このCG夜景をバックに“チャレンジをし続ける”5名の受賞者がスーツを着て登場。動画では受賞者全員が並んでいるように見えるものの、新型コロナウイルスの対策として、実際の撮影はグリーンバックで受賞者1人ずつ収録した。


関連記事:『SUITS OF THE YEAR 2020』開催決定 フルCGのバーチャル授賞式に注目

 

■鈴木保奈美が日本人女性として初受賞

SUITS OF THE YEAR 2020

「ビジネス部門」では、オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長・髙島宏平氏、日本環境設計株式会社取締役会長・岩元美智彦氏の二人。

「イノベーション部門」では、慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授・宮田裕章氏。「スポーツ部門」では、 プロフリークライマー・楢﨑智亜氏が受賞。そして、「アート&カルチャー部門」では、女優・鈴木保奈美が、日本人女性としては初めての受賞となった。

次ページ
■エレガントにスーツを着るためには…

この記事の画像(9枚)