オードリー・若林、フワちゃんのタメ口に理解示す 「リスペクトが根本にある」

タメ口がトレードマークのフワちゃんだが…

エンタメ

2020/11/08 15:00

フワちゃん

目上の相手にタメ口を使うタレントが増加し、なにかと賛否が起きがちな昨今。7日深夜放送『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、タメ口が目立つYouTuber芸人・フワちゃんについてオードリー・若林正恭が持論を展開した。



 

◼芸能界のタメ口キャラ

これまで多くの番組でフワちゃんと共演してきたオードリー。「スゴいよね、ああいう人って。何年か、何十年かに1人出てくるんだね」と若林はフワちゃんを語りだす。

自分達は気にしていないが、「よく芸能界でタメ口はいいのかどうかみたいな話になって、怒られる人もいる」とタメ口キャラへの風当たりが強いと言及。世間や先輩からの厳しい指摘を受け「タメ口をヤメていく人もいる」と振り返りながら、フワちゃんのタメ口に言及していく。


関連記事:フワちゃん、レギュラー番組を断った衝撃理由 まさかの発言に現場騒然

 

◼フワちゃんのタメ口は…

若林は「わかったんだけど、フワちゃんってなんか人間が好きじゃん。スタッフさんとかにもガンガン話しかけるじゃない。人に対するリスペクトみたいなものが根本にある」とフワちゃんの本質を読み取る。

人に好意があるからこそ「自然にタメ口が出る」のだと、世間からも違和感なく受け入れられているのだと分析し、「タメ口で売れてやろうって思ってる人は気づかれてダメなんだね」と熱弁。これに春日俊彰も「入ってくるときに、ステップインの仕方が自然なんだろうね」と賛同した。

次ページ
◼「売れたい」ではダメ