『ねほりんぱほりん』にウィキペディア荒らしが出演 取材班を称賛する声も

ウィキペディアで荒らしをする人物との接触に成功!

エンタメ

2020/11/12 07:20

ねほりんぱほりん

11日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)に、10年以上ウィキペディアの記事を執筆する2人のウィキペディアンが登場。これまでに書いた記事や、やりがいなどが語られる一方で、視聴者の間ではウィキペディア内の「荒らし」が話題となっている。



 

■爆破予告する人も

ウィキペディアンの男性によると、2018年FIFAワールドカップの日本対セネガル戦で、日本代表の川島永嗣選手の弾いたボールが相手選手に当たり失点してしまった時、川島選手の記事が荒らされたという。

誹謗中傷はもとより、日本代表からセネガル代表と書き換えられたり、川島選手の名前を「パンチャー川島」「ロケットパンチ川島」などと書かれたこともあったそうだ。

中にはタチの悪い荒らしもおり「何月何日にどこを爆破する」とウィキペディアに書く他、ブロックされてもなお、別のアカウントを作る人もいるとのこと。


関連記事:川島海荷「ラブストーリーと結びつかないイメージを覆したい」 主演作に意気込み

 

■ゲーム感覚で荒らしを楽しむ?

番組では、ウィキペディアを荒らす人物の一人に話を聞いた。この人物はウィキペディア日本語版で「長期荒らし」のひとりとして認定されていて、およそ10年間で150以上のアカウントを作っているそう。また、利用者同士の対立を煽ったりするなどし、色々な反応を見て楽しんでいる。

さらに、荒らしをする傍ら、別のアカウントで皆の役に立つ真面目な記事を書いており、「人狼ゲーム」といったゲーム感覚で荒らしをしているそうだ。


■スタッフに対し「優秀」の声

ウィキペディアで荒らしを楽しむ人物に対し、視聴者からは「荒らし行為をして楽しむ神経が理解できない」「荒らし側の考えてること聞けたのすごい面白かった」など、様々な声が上がっている。

その一方で「悪質な荒らしユーザーにもインタビューするねほぱほ取材班、本気を感じる」「荒らしにインタビューできるなんて優秀すぎるスタッフ様」と、荒らしをする人物に接触できたスタッフに「優秀」といった称賛も続出。

今回はスタッフの行動力も注目を集めることとなった。

・合わせて読みたい→麒麟・川島、第2子男児誕生を生報告 「ここまで情報を出したんやから…」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子