「だらしない体」自覚者は5割も コンプレックス感じる部位とは

自分の体を見て、「だらしない」と感じている人も多いはずだ。どのような部分に、コンプレックスを持つのだろうか。

ライフ

2020/11/14 20:30

自分の体を鏡で見て、「だらしない」とため息をつく人も多いはずだ。とくに女性は、小さな体型の変化にも敏感である。


画像をもっと見る

 

■「だらしない体」半数近くも

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「自分の体について」の調査を実施した。

自分はだらしない体をしていると思うグラフ

「自分はだらしない体をしていると思う」と答えた人は、全体で47.3%だった。


関連記事:『スッキリ』近藤春菜、はじめしゃちょーの体を揉みまくり… 「あっ!」

 

■少しの贅肉も許さない

性年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっている。

自分はだらしない体をしていると思う性年代別グラフ

美意識が高い世代では、少しの贅肉も許さないようだ。

「洋服を着ているとあまりわからないけれど、お腹の肉がつかめるくらいある。今のまま絶対に水着にはなれないので、夏までに痩せたい」(20代・女性)


気にするのは、お腹だけではないという。

「脇の肉が、ブラの上に乗っている。鏡で見るととても不格好なことになっているので改善したいけれど、なかなか甘いものがやめられなくて…」(20代・女性)

次ページ
■若い女性は気にしすぎ

この記事の画像(3枚)