『紅白』出場歌手発表に落胆の声も 出場しない「King Gnu」がトレンド入り

『第71回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、なぜか出場しないKing Gnuの名前がトレンド上位にランクイン

エンタメ

2020/11/16 17:00

第71回NHK紅白歌合戦
(画像提供:NHK)

NHKは16日、『第71回NHK紅白歌合戦』に出場する歌手を発表。NiziU、瑛人ら初登場の顔ぶれに注目が集まるとともに、「人気があるにも関わらず出場しない」歌手のファンからは落胆の声も上がっている。



 

■「出場しないこと」が話題に

2008年から12年連続で出場していた女性アイドルグループ、AKB48が出場しないことも反響を呼んでいる今年の『紅白歌合戦』。

ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)の主題歌『三文小説』も人気のバンドKing Gnuは、「出場しないこと」が逆に話題となり、ツイッターのトレンドに登場。

安定の人気を誇る米津玄師やあいみょん、今年話題になったYOASOBIなどとともに、「出場しないことを残念に思う」という趣旨の声が集まっている。


関連記事:井口綾子、Fans’で『まいにちいのくち』開設 1ヶ月間グラビア毎日投稿

 

■「断ったのでは」との憶測も

出場歌手とともにトレンド上位にランクインしているKing Gnuだが、ネット上では「選考基準が分からない」「出ると思った」「期待してたんだけど」といった落胆のコメントが見受けられた。

さらに、King Gnuは「オファーを断ったのでは」「大人の事情で断ったんじゃないか」という憶測も、複数投稿されている。

次ページ
■好きなバンドに「出てほしかった」

この記事の画像(1枚)