『鬼滅の刃』未読者、「主人公が天狗にボコられる作品」と誤解する事象相次ぐ

『鬼滅の刃』を未読、未視聴の人々は同作に対する「ざっくりとしたイメージ」が固まってしまったという。その驚きの正体とは…。

話題

2020/11/19 17:15


 

■人気VTuberも「天狗に殴られてる人」

妙にテンポが良いのと、鱗滝の理不尽さが癖になるこちらのコラはツイッター上で瞬く間に流行し、多数の派生作品が誕生。その影響あってか、「『鬼滅』は読んだことないけど、コラはよく見る」というユーザーも増えているようだ。

人気VTuber・月ノ美兎も自身のツイッターより炭治郎のことを「いつも天狗に殴られてる人」と評し、多数の共感の声を呼んでいる。


関連記事:「炭治郎のネルシャツ」と話題の一着 ユニクロ店頭で最も品薄なカラーは…

 

■実際はどんなシーンかというと…

コラ作品を見るととんでもなくシュールな場面なのだが、実際は「(鬼になった)妹が人を喰ったとき、お前はどうする」と鱗滝が炭治郎に問いかけ、炭治郎は虚を突かれた質問に動揺…その様子を見た鱗滝が頬を叩き「判断が遅い」と叱責する、という作中序盤における名シーンである。

ちなみに、ネット上では過去にも『DEATH NOTE』や『NARUTO -ナルト-』といった『鬼滅』と同じ『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画作品による多数のコラが作られ、話題を呼んでいた。

・合わせて読みたい→鬼滅の刃実写化、翔んで埼玉の出演者で可能とファン指摘 その配役がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)