ビニール傘はどうして生まれた? 東京五輪にもまつわる誕生秘話をチコちゃんが紹介

『チコちゃんに叱られる』でビニール傘の誕生秘話を紹介。傘屋当主の諦めない心が完成に導いた。

エンタメ

2020/11/20 23:25

チコちゃん

20日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「ビニール傘って何」が注目を集めている。

突然雨が降ってきたときにコンビニでビニール傘を買ったことがある人も多いのではないだろうか。安くて便利なビニール傘には意外な誕生エピソードがあった。



 

■「傘用のカバー」

チコちゃんの気になる回答は「傘用のカバー」という。傘のケースと言われれば、わかりやすいがカバーとはどういうことなのだろうか。

ビニール傘は、イギリス女王も愛用しており、1964年東京五輪の影で生まれたようだ。ビニール傘を開発したのは、戦争で生き延びシベリアから帰国した傘屋だという。

傘屋は、大名行列の雨具一式を納品していた老舗だったが、シベリアから日本に帰国したのは終戦から4年後。既に同業者に先を越された状態となっており、材料が手に入らなくて悩んでいた。


関連記事:蒼井優、夫・山里亮太を呼び間違えて赤面 「同じ山ちゃんだからって…」

 

■傘の弱点を埋める

当時、傘は綿で作られており、雨に濡れると次第に漏れ始め、最悪のケースだと色落ちまでして服が汚れてしまうことも。そんな綿の傘の弱点に目をつけた傘屋当主は、雨を弾く素材を研究していたところ、進駐軍が使っていたビニールのテーブルクロスに目をつけた。

ビニールに穴を開けて傘の上から被せるという傘カバーが完成。布の傘に悩んでいる人が多く、瞬く間に売れていった。

次ページ
■ナイロン傘の登場