宮迫博之、ドラマ撮影でブチギレした過去を告白 現場は最悪の空気に

宮迫博之が、ドラマ『探偵家族』の撮影現場で、フロアディレクターに激怒した過去を告白。18年越しに謝罪も。

2020/12/11 02:40

宮迫博之

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が10日、自身のYouTubeチャンネルを更新。主演・稲森いずみの夫役で出演した2002年のドラマ『探偵家族』(日本テレビ系)の撮影現場でブチギレしたエピソードを披露した。



 

■ピリついた現場を盛り上げる

それは、撮影が5時間も押していた日のこと。スタッフや演者の間にピリピリした空気が流れる中、家族で食卓を囲むシーンの撮影があった。

和気あいあいとした雰囲気を演出するために、盛り上げ役を買って出た宮迫。リハーサル中は、セリフに面白おかしくアドリブを入れるなど「なんとかこの場を盛り上げよう」と必死だったという。


関連記事:カジサック、吉本興業の「宮迫博之に対する圧力疑惑」の真実明かす

 

■「もうふざけないで」に激怒

本番直前のリハーサルでも、同様のふるまいを続けていたが、そこにフロアディレクターが来て一言。「次本番なので、もうふざけないでください」。

作品のためにと思ってしたことを注意された宮迫は「俺は真面目にふざけとんじゃ!お前らが5時間も押すからこんな空気になっとんじゃ!それを盛り上げようと真剣にふざけとんねん!ふざけた気持ちでふざけたことなんて一回もないねん!」と思いつく限りの怒りの言葉をぶつけた。


■フロアディレクターに謝罪

ただでさえ雰囲気が悪い現場に罵声が飛び交った結果、空気は最悪に。「一番空気悪くしてん。ブチギレして。(撮影当時)子役の神木隆之介はちょっと震えてた。大失敗」と反省気味に振り返った。

「キレてしまったフロアディレクターの方、もし有名になられてたとしたら、本当にすみませんでした」と謝罪する場面も。「だいぶ改心しました。お仕事をください。もうふざけません」と、笑いを交えながらラブコールを送っていた。

今から約18年前のブチギレエピソード。時間が経った今だからこそ笑いながら話せたのかもしれない。

・合わせて読みたい→宮迫博之、アンジャ渡部に動画で呼びかけ 「どっかのタイミングで連絡する」

(文/しらべぇ編集部・RT

ドラマYouTube神木隆之介ディレクター雨上がり決死隊宮迫博之稲森いずみ探偵家族
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング