嵐・大野智、『うたばん』で中居正広と大喧嘩 「すっごい嫌だった」

嵐・大野智が『うたばん』で定番となった中居正広との喧嘩コントを振り返り…

エンタメ

2020/12/11 08:00

嵐・大野智

10日の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)では、国民的アイドルグループ・とTBSの21年の歩みを振り返った『嵐×TBS 21年の軌跡SP』を放送。嵐リーダー・大野智中居正広との喧嘩コントを振り返った。



 

◼『うたばん』名物

中居ととんねるず・石橋貴明がMCを務め人気を博したTBSの音楽番組『うたばん』。嵐もデビュー直後の1999年からたびたび同番組にゲスト出演し、知名度を高めていった。

『うたばん』の名物となったのが大野と中居の喧嘩コント。石橋が隣に座る大野に「中居を煽る発言」を耳打ちして大野がそれを代弁、先輩の中居が怒って大野に襲いかかるところを、あいだにいる嵐メンバーが止めるという流れだ。


関連記事:大野智、街中で女性に抱き着く映像に驚きの声 「さすがにNGです」

 

◼喧嘩コントのきっかけは?

「大野のキャラが薄い」と中居がイジったときに、なにも返せなかった大野に石橋が耳打ちしたのが、同喧嘩コントのはじまり。

ゲームに負けて嵐の歌をカットしようとした中居に「中居、大人げねーよ」、ドラマ撮影で遅刻した大野に嫌味が止まらない中居には「それがゲストを迎える態度か」と大野が煽りまくり、メンバーが中居を止める。

しかし、大野は「貴さんが耳打ちしたのをそのまま言う」だけとはいえ本番中に失敗できないプレッシャーもあり、「一発で覚えなければいけない、もう必死。すっごい嫌だった」と当時の本音を漏らした。

次ページ
◼中居との関係は?