『THE W』人力舎所属のピン芸人・吉住が初優勝 本人は号泣しながら歓喜

女性芸人No.1を決める『THE W』決勝が14日に生放送され、ピン芸人の吉住が優勝を果たした。

エンタメ

2020/12/14 23:30

センターマイク
(gyro/iStock/Getty Images Plus)

女性芸人ナンバーワンを決める『THE W』決勝が14日に生放送され、人力舎所属のピン芸人・吉住が優勝を果たした。



 

■1人コントを披露

同大会は、今年で4回目を数えるお笑いコンテスト。決勝は日本テレビ系で生中継され、今回はコロナ禍ながら過去最多の646組がエントリーしていた。

決勝に進出したのは10組で、5組ずつ2つのブロックに分かれて1本目のネタを披露。吉住は初代女王のゆりやんレトリィバァ、大ブレイク中のぼる塾らが属する激戦Bブロックだったが、「野球の女審判」というネタを披露し、最終決戦へと駒を進めていった。


関連記事:霜降り明星、『ABCお笑いグランプリ』優勝者を決勝直後に徹底分析

 

■7票中6票で圧勝

Aブロック覇者・紅しょうがが対戦相手となった2本目には、銀行強盗に遭っている銀行員というネタを披露。結果、7票中6票を獲得し、みごと第4代チャンピオンに輝いた。

優勝が分かった瞬間、吉住は涙ながらに喜びを爆発させたのち、「先輩に言えと言われた」とされながら「どうも、石原良純です!」と名前にかけてコメント。ネット上にも「見事優勝、おめでとうございます」「活躍楽しみにしてます!」など、祝福の嵐が吹き荒れた。

吉住には優勝賞金1,000万円のほか、『ZIP!』や『行列のできる法律相談所』など、日テレ系の人気番組出演権が贈られる。


■大ブレイクに期待

「THE W」はこれまで3回行われ、ゆりやんレトリィバァ、阿佐ヶ谷姉妹、3時のヒロインの3組が歴代チャンピオン。昨年優勝の3時のヒロインは一躍有名となり、今年の顔と言っていいほどの大ブレイクを果たした。

吉住もお笑い界を席巻する大ブレイクを果たすのか、今後の活躍に注目が集まる。

・合わせて読みたい→長嶋一茂、将来住みたい意外な街を熱弁 「ハワイじゃないの?」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太