石塚英彦、ギャル曽根の大食いぶりに苦笑 「ひとり日体大生みたい」

石塚英彦がギャル曽根の食欲にびっくり…。

エンタメ

2020/12/19 16:30

ホンジャマカ・石塚英彦

19日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、タレントの石塚英彦がギャル曽根の大食いぶりを目の当たりにし苦笑。そのシーンが視聴者の間で話題となっている。



 

■チキンを追加…

石塚とギャル曽根は、会員制倉庫型店「コストコ」を訪れ、クリスマスとお正月に欠かせない商品を購入することに。早速「ロティサリーチキン」を商品カゴに入れたギャル曽根は、石塚に「1個で良いですか?足ります?」と聞くも、もう1つ追加することを即決。

このギャル曽根の行動に、石塚は「僕は足りますけど…」と呆然。そして、「値段よりもこの量に驚いてるんですよ」と、商品カゴに入った品物を見てコメントした。


関連記事:ギャル曽根、神田伯山からの指摘にブチギレ 「めちゃくちゃ失礼」「下に見てる」

 

■止まらない爆食いに苦笑

ギャル曽根の爆買いを終え、2人によるクリスマスパーティーが始まると、途中で石塚は「ハヤシライスもうないよね?」と、先ほどまでハヤシライスがあった空の皿を指し「すげぇな…」とびっくり。

さらに、「ディナーロール」を使ったアレンジ料理を食べている最中、「多分、普通だったら2個ぐらいで腹いっぱいになっちゃうんじゃないかな」と話すも、ギャル曽根は「普通の人ってそんな簡単にお腹いっぱいになります?」と、不思議そうに発言。

その後も爆食いが止まらないギャル曽根を見て、石塚は「ひとり日体大生みたい…」と苦笑し、番組スタッフと撤収することを決めた。

次ページ
■2人の対比も話題に