50代女性の7割が「芸能リポーターの追及に不快」 アンジャ渡部建に同情の声

不倫などの問題を起こした芸能人が、記者会見で芸能リポーターに追及されるのはよくある話である。

エンタメ

2021/01/14 09:00

不倫会見などでは、芸能リポーターが厳しい追及をする。あまりにきつい発言に、不快感を持つ視聴者もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「芸能リポーターの追及に不快感」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の59.9%が「芸能リポーターによる追及を不快に思った経験がある」と回答した。

芸能リポーターの追及を不快に思った経験者グラフ


関連記事:渡部建の謝罪会見、女性リポーターの容赦ない問い詰めに「怖い」の声

 

■追い込まれてかわいそう

性年代別では、50代女性が一番高い割合になっている。

芸能リポーターの追及を不快に思った経験者性年代別グラフ

アンジャッシュ渡部建の会見を観て、気の毒に思った人も。

「アンジャッシュ渡部さんの会見を観て、かわいそうな気持ちになった。不倫は許せないけれど、人が追い込まれている姿を見るのも気分がいいものではない」(50代・女性)


「不倫の場合は家庭の問題なので、当事者以外があれこれ言う問題ではないと思う。それなのに無関係な芸能リポーターが追及するのは、もはや意味がわからない」(40代・男性)

次ページ
■芸能リポーターは追及するのが仕事

この記事の画像(3枚)