サステナブルな食生活 ファミマの大豆ミート麺類は“ほぼ肉”で驚く

ファミリーマートから、「大豆ミート」を使用した商品が9種登場! まずは麺類系の商品3種を正直レビュー

グルメ

2021/01/14 06:00


 

■麺類3種の中でとくにオススメは…

担々麺(大豆ミート)
(濃厚ごまスープ担々麺)

続いて、「濃厚ごまスープ担々麺」(税込398円)は、炒められた大豆ミートそぼろに、ほうれん草、水菜、ねぎなど野菜もたっぷりタッピングされている。ごまの風味の濃厚なスープが、弾力感のある中華麺によく絡む。

担々麺(大豆ミート)
(濃厚ごまスープ担々麺)

実際に食べてみると、ごまの風味がきいた濃厚なスープが、この寒い時期にピッタリ。もちもち食感の麺と、水菜やネギのシャキシャキとした食感も楽しく、大豆ミートそぼろも全く違和感なく、言われなければ大豆ミートだとは分からないレベル。

あくまで試食した編集部員の個人的な感想であるが、本記事で紹介している3品の中では、最も好みであった。「担々麺」とは本来かなりハイカロリーな料理だが、同商品は1食あたり362キロカロリーほど。


関連記事:ファミマ×日清ラ王、人気カップ麺をおむすびに 再現度の自信がスゴい

 

■春雨スープの肉味噌も美味

春雨スープ(大豆ミート)
(胡麻香る!坦々春雨スープ)

低カロリーな春雨と大豆ミートが合わさった、ヘルシーな「胡麻香る!坦々春雨スープ」(税込398円)は、大豆ミートを使用した肉味噌がかなりたっぷりはいっている。

春雨スープ(大豆ミート)
(胡麻香る!坦々春雨スープ)

商品名から、はるさめヌードルのような料理を想像してしまうが、同商品には5種類の野菜(もやし、キャベツ、玉ねぎ、人参、チンゲン菜)がたっぷりと入っていて、イメージよりもかなり食べごたえがある。

さらに、同商品は「シールド乳酸菌(R)」入り。1食あたり383キロカロリーで、大豆ミートにはしっかり味が付いているのでこちらも言われなければ「大豆ミート」だとは分からないレベルだ。

しっかりと食べごたえがありつつも、カロリーが抑えられ体にも優しいファミリーマートの大豆ミート商品。ぜひ一度“次世代のお肉”を体験してみては。

・合わせて読みたい→バーミヤンのつけ麺が異常なウマさに進化 その味はラーメン店の向こう側へ

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(7枚)