ユニクロとワークマンの機能性インナー 比べてみたら決定的な違いが…

ユニクロの「ヒートテック」、ワークマンの「ヒートアシスト」を着用して、機能性を検証した。

2021/01/15 05:30

ワークマン ユニクロ

寒さが厳しくなる1月中旬、肌に密着するインナーは機能性の高いアイテムを選びたい。しらべぇ編集部では、ユニクロの「ヒートテック」と、ワークマンの「ヒートアシスト」の機能性をガチ検証してみた。


画像をもっと見る

 

■気温5℃でガチ検証

用意したのは、ユニクロ「極暖 ヒートテック エクストラウォーム」(税込1,419円)と、ワークマン「ヒートアシスト コットン」(税込980円)。両者ともに、インターネット上でも評判の良いアイテムだ。

自転車

検証方法は、厳しい寒さで外に出るのが嫌になる1月中旬の夜、上半身Tシャツのみという格好で、記者の自宅から一番近いコンビニまで自転車で行き来し、どちらのほうがより暖かいと感じるかを検証。ちなみに、この日の気温は5℃であった。


関連記事:ユニクロのヒートテック、今年買う際は注意が必要 絶対確認すべき箇所があった

 

■着心地の良いユニクロ

ユニクロ

まずは、今季は従来商品の約約1.5倍も暖かくなっているというユニクロの「極暖 ヒートテック エクストラウォーム」から。ユニクロ

伸縮性があり、体にフィットして着やすく、とても肌触りが良い。

ユニクロ

自転車を飛ばして、3分ほどでコンビニに到着。外を出歩く分には、「極暖」一枚でも厳しい寒さはそこまで感じないが、自転車を漕ぐ際には冷たい風を受けるため、体感温度はかなり寒く感じてしまう。

次ページ
■ワークマンの実力は…
ユニクロヒートテックワークマンヒートアシスト極暖
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング