前澤友作氏、猫のトイレを無料配布 ツイッターに「うちの猫」写真が殺到

前澤友作氏がツイッター上で「ねこトイレ1000台配ります」と宣言して、猫を飼っているツイッターユーザーから猫写真が集まる

エンタメ

2021/01/22 13:30

前澤友作氏

ZOZO創業者で現在はスタートトゥデイ社長である前澤友作氏が、自身の公式ツイッターを更新。「ねこトイレ1000台配ります」と宣言し、「猫のトイレ配りおじさん」として反響を呼んでいる。



 

■猫トイレを無料で「配るにゃー」

かねてより自身のことを「お金配りおじさん」と称して、毎日10人に10万円が当たる「お金配り」という抽選企画を実施している前澤氏。

22日には、ツイッターで新たに「【ねこトイレ1000台配ります!!】」と発表。「前澤ファンド」が支援しているという「スマホで猫の健康管理ができるトイレ」を「無料で1000台配るにゃー」と発言し、応募方法なども告知している。


関連記事:前澤友作氏、身長サバ読みを反省 「すでにウィキペディアが…」

 

■「かわいい猫写真」が続々と集まる

当該の猫トイレ「トレッタ」の公式ツイッターには、「 体重や尿量を自動計測、首輪やタグ不要のAIカメラで多頭飼いも簡単健康管理」という説明文が記されており、アカウント名は「トレッタネコ トイレ配り実施中【採用も強化中】」となっている。

応募方法に「写真必須」とは書かれてはいないようだが、前澤氏の投稿には「うちの子を見て!」と言わんばかりの「かわいい猫写真」が殺到し、「猫祭り」状態に。

ファンからは「ご縁があったら嬉しいです」「当たったら、嬉しいにゃー」など、喜びの声や応募が続々と集まっている。

いっぽうで、「月々利用料金が発生するネコちゃんトイレを半年無料で利用できる、ってものなんですね」「無料期間が終了したら解約できるみたいですけど……私はやめときました」といったコメントも見受けられた。

次ページ
■ペットの健康を祈る投稿も