ローソンのいちごサンド 激ウマなのに片方だけ衝撃のクオリティ

昨年、「ハリボテサンドイッチ」騒動で物議を醸したセブン-イレブン。そこで、ローソンのサンドイッチの中身を検証したら…

グルメ

2021/02/01 05:30

昨年、セブン-イレブン(以下、セブン)で販売している一部のサンドイッチが、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない「ハリボテ」と物議を醸した。

その後発売された商品でも物議を醸すなど、何かとセブンばかりが注目されがちだが、他のコンビニはどうなのだろうか。しらべぇ編集部は、ローソンで販売されている3種類のサンドイッチを検証することにした。


画像をもっと見る

 

■ハムの食べごたえがスゴい

ジューシーハムサンド

まずは、定番の具材であるハムを使っている『ジューシーハムサンド』(税込258円)から。

ジューシーハムサンド

断面を見ると、折りたたまれたハムが何枚も入っており、かなりボリューム感がある。

一口食べると、とにかくハムの食べごたえがスゴい。ハムの食感が最後まで続いて満足感があるぞ。おまけ程度の量ではあるがきゅうりのシャキシャキ食感が嬉しく、からしマヨネーズのアクセントもしっかりと効いている。

定番商品ということもあってハズレようがないクオリティだが、はたして中身はどうなっているのか。半分に割ってみると…


関連記事:セブンイレブン、今年初サンドイッチでついに進化 「脱ハリボテ」に期待高まる

 

■半分に割ってクオリティに納得

ジューシーハムサンド

これは…かなりギッチギチに詰まっている!

ハリボテサンドイッチにありがちな、「断面だけに大量のハムが並ぶ」ということがなく、サンドイッチの後方部分までしっかりとハムが並べられていた。

ジューシーハムサンド

別の角度から見るとこのような感じ。「ジューシーハムサンド」の商品名にふさわしい量だといえるだろう。味も中身も文句ナシの逸品だ。

次ページ
■断面部分のいちごはおいしそうだが…

この記事の画像(15枚)