東野幸治、吉本興業退所した西野亮廣との共演発表 半笑いで「何も喜んでないし」

東野幸治が自身のYouTubeチャンネルで吉本興業退所を発表したキングコング・西野亮廣との共演を発表

エンタメ

2021/02/01 08:50

東野幸治・西野亮廣

東野幸治のYouTubeチャンネルで『東野幸治の幻ラジオ 第104回』を31日配信。所属していた吉本興業の退所を発表したキングコング・西野亮廣の同ラジオ出演を発表し、大きな反響が起きている。



 

◼突然の退所

国内最大のオンラインサロン運営、絵本・映画製作など、芸人の枠に留まらない他分野での活躍をみせていた西野が、30日に「吉本興業とのマネジメント契約の終了」を発表。当人は円満退社をアピールしているが、一部では「大きな不義理があった」とも報じられている。

この録音時点では西野の出演は決まっていたものの、吉本退所は発表前。

これまで西野ウォッチャーを自称してきた東野は、50歳で転職すべきか悩む女性リスナーに対して、「キングコング西野さん、新世界の創造主、教団プペルの代表、西野さんにアドバイスをもらうのはいかがでしょうか?」と西野の番組出演を発表すると同時に、いつも通りに西野をイジりつつ番組を締めくくっていた。


関連記事:おぎやはぎ、西野亮廣の吉本退所騒動に理解 「アイツ昔から吉本関係ないじゃん」

 

◼ここから再録音

「バイバイ」と一旦番組が終了した直後に「急転直下の出来事があって」と再び東野の声が響き、西野が吉本退所を発表したと触れていく。「今日の昼間、吉本興業をキングコング西野さん、教団プベルの教祖様、西野様がですね退社しました。びっくりして」と同騒動に言及する。

西野が原作・製作総指揮を務めたアニメ映画『えんとつ町のプペル』の宣伝を巡り、吉本のマネージャーと揉めていたのは周知の事実だったと指摘。自身も同ラジオ内で『プペル』をイジったため西野が「ご機嫌斜めだった」と振り返り、LINEで出演をやり取りした2日後の退所発表だったと明かした。

次ページ
◼半笑いの東野

この記事の画像(1枚)