張本勲氏と堀内恒夫氏、プロ野球の練習に苦言 「意味がない」「学芸会の発表会」

プロ野球キャンプのユニークな練習を元巨人の2人がバッサリ

2021/02/07 10:55

張本勲
(写真提供:JP News)

7日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏と元読売ジャイアンツ監督の堀内恒夫氏が、プロ野球のキャンプで実践されたユニークな練習をバッサリと斬った。



 

■ユニークな練習を紹介

番組ではオリックス・バファローズの吉田正尚選手が、手元に膨らみを付けた「バレルバット」でスイングする様子や、読売ジャイアンツの二軍で阿部慎之助監督指導の下、若手選手がバッティングとバーベル上げを交互に行う練習を取り紹介する。

関口宏は「こういう練習法はいかがでしょうか? ハリさん」と質問。

すると張本氏は「悪くはないけどね、何のプラスにもならないよ。実戦はバットとボールだからね。鉄アレイというのは、筋力を強くするためにやるんだろうけども、余計なところに筋肉がつくとバットを振りも鈍くなるし」とバッサリ。

さらに「堀内も知ってると思うけど、ピッチャーも変なところに筋力つけると肩痛めるよ。考えた方がいいわね」と苦言を呈した。


関連記事:張本勲氏、巨人・丸佳浩選手の自主トレをバッサリ 「効果はない」

 

■「キャンプは学芸会の発表会」

張本氏から話を振られた堀内氏は「その通りですね。キャンプっていうのはね、コーチがね、学芸会の発表会ですよ。工夫してね、自分が勉強してきたということをね、必死にアピールする場所なんですよ」と持論を展開する。

そして、「何に効くのかな、何に有効なのかなっていうことを、分からないけれども、やってみるってことでしょうね」コメントする。関口が「楽しくやることも必要ってことですからね」と質問すると、「そうですそうです。それでいいんじゃないですか」と話した。

次ページ
■西武の練習にも異論
読売ジャイアンツオリックス・バファローズ張本勲関口宏サンデーモーニング埼玉西武ライオンズ堀内恒夫
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング