EXIT兼近、森会長「発言切り取り」に主張も… それすら切り取られる皮肉な事態に

森喜朗会長の女性蔑視発言をめぐり、意見を発信したEXIT・兼近大樹だが、一部曲解されてしまった部分もあるようで…。

テレビ

2021/02/12 14:25

EXIT・兼近大樹

11日放送の『Abema Prime』(ABEMA)に出演し、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会・森喜朗会長の女性蔑視発言をめぐる一連の騒動についてコメントしたお笑いコンビ・EXITの兼近大樹

発言内容が物議を醸したこともあってか、翌12日には自身の発言に対し、兼近はツイッターから補足となる文章を投稿している。



 

■番組での発言は…

11日の番組内で兼近は、森会長をめぐる一連の批判や叩きに対し、「何よりも今回で気持ち悪ぃなって思うのが、自分が被害の及ばない所から石をひたすらぶつけて『降ろしてやったぞ』と」「目的が引き下ろすというか『なんか偉そうなジジイを俺が降ろしてやったぜ』みたいな感じがすごい伝わってくる」と、意見を主張。

「本当に見失っちゃってんなっていう。ただただ攻撃することが目的になっちゃってる」と苦言を呈しつつ、「もちろん発言自体は許されるものじゃないかもしれないですけど、『本当に全文聞いたのか?』って」「全員がすべて聞いたわけじゃないと思うんですよ。誰かが言ってるから『そんなひどいこと言ってんだ』っていう切り取りの文字を読んで、攻撃してる人もたくさんいるなって感じたんで」と、自身の意見の本質を補足してみせた。


関連記事:EXIT・兼近、M−1敗退後の「批判の嵐」に言及 ファンからは心配も

 

■視聴者の反応

今回の発言を受け、12日午前にはツイッターには「EXIT兼近」がトレンドに急浮上する事態に。多数のユーザーから「兼近の発言は本質を捉えていると思う」「これ少なからず、みんなが思っていたことを代弁してくれてるよ」といった共感の声が相次いでいる。

著名人も多数反応を見せており、タレントのフィフィは12日に自身のツイッターより、「その感覚が普通ですよ」「いい歳した大人がワイドショーで朝から晩まで、ネタが無いからってこの話題で騒いで恥ずかしいですよね」と投稿していた。

一方で、「EXITの2人の今後の活動に圧がかからないか心配…」といった声や、「私はしっかり全文確認した上で、森さんの発言は許せないと思っています」など反対意見も決して少なくない。

しかし何とも皮肉なことに、一部の反対意見こそが、兼近の主張する「発言切り取り」問題に抵触している、と見る人も多いようだ。

次ページ
■兼近のツイートをよく見ると…