2月15日から スターバックス国内全店で「大きく変わること」

スターバックスでは、使い捨てプラスチック削減へ向けて、本日2月15日よりアイスコーヒー・アイスティーがペーパーカップ&ストローレスリッドで提供される

話題

2021/02/15 06:00

スターバックス

スターバックス』では、2月15日(月)より国内の全店舗で、これまでプラスチックカップで提供されていたアイスコーヒー、アイスティーを、ホット・アイス兼用のFSC認証紙を用いた新たなペーパーカップと、ストロー不要のリッドで提供されるようになる。


画像をもっと見る

 

■使い捨てプラスチック削減へ

スターバックス

使い捨てプラスチック削減を目指し、昨年11月より先行して101店舗でこの取り組みを実施していた同社。これが、本日15日より、一挙に全国の約1600店舗へ拡大する。

また2021年春には、ペーパーカップで提供する対象のアイスビバレッジを更に追加する予定であるとのこと。この取り組みを通して「年間約6,100万杯分のプラスチックカップ削減効果を生む見込み」だという。


関連記事:ケンタッキー、紙パッケージの素材変更へ チキンの油も見直されていた

 

■新カップは結露対策もバッチリ

スターバックス

新しいペーパーカップは、ホット・アイス双方に使用でき、冷たい液体を注いでも結露の影響を受けにくく耐久性を持たせるよう、カップの内側、外側共にラミネート加工が施されている。

このカップは、適正に管理された森林およびその他の管理された供給源からの原材料で生産された FSC認証紙が使用されているとのこと。

次ページ
■アイスコーヒーをストロー使わずに

この記事の画像(4枚)