TOKIO松岡、ガラケーからスマホに変え感動 周囲は「90年代からワープしてきた?」

長年ガラケーを愛用していたが、スマホに変えた瞬間、即その魅力に取り憑かれたというTOKIO・松岡昌宏。

テレビ

2021/03/14 00:25

TOKIO・松岡昌宏

TOKIOの松岡昌宏が、13日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)に出演。長年愛用していたガラケーから、スマートフォンへ変えた感想を述べた。



 

■長年のガラケーユーザー

古き良き男らしい性格ゆえか、根っからのアナログ人間で知られる松岡。これまで、携帯もガラケーを愛用し続けていたが、最近はついにスマホに変えたことを公言していた。

この日の番組でも、オープニングトークで「ガラケーからスマホに変えた」との報告が。後輩として松岡のアナログさを知るMC・櫻井翔は、「これ衝撃でしたよ!」とこれまでとのギャップに驚いたと漏らす。


関連記事:長瀬智也がガラケーを絶対に処分したい理由 「流出したらマズイ写真が…」

 

■変えたきっかけに爆笑

松岡は変えた理由について、「去年の2月に、iモードが終わったの」と告白。スマホの機能に憧れて変えたのではなく、web接続サービス終了に伴う「やむを得ない」機種変更だったことを明かす。

この発言に、スタジオには「iモード久々に聞いた!」「iモードで生きてきた(笑)」との笑いが走る。松岡はさらに「コロナでリモートもしなきゃいけなくなって…」と、ガラケーの通信機能では仕事に差し支えるため、ついに変更したと詳しい理由を語ったのだった。

次ページ
■90年代からワープしてきた?