今年のエアコンは例年以上に汚い? 冬じまいでやるべき掃除のポイント

春らしい気候が続く昨今。夏の冷房シーズンを迎える前に、冬に使ったエアコンのメンテナンスを。

エアコン
(maruco/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

春らしい気候が続き、最近は自宅でエアコンをつけずに過ごしている人も増えたのでは。ダイキン工業は、夏の冷房シーズンを快適に過ごすために、エアコンの「冬じまい」のポイントを解説した。


画像をもっと見る

 

■在宅勤務でエアコン使用時間が増加

新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務をする人が増えている昨今。ダイキン工業が冬のエアコン使用実態に関する調査を実施した結果、この冬週3日以上在宅勤務をした人の平日におけるエアコンの使用時間は、昨冬よりも平均4時間以上増え、前年比1.8倍であることが判明したという。

このことから、室内機内部のエアフィルターへのホコリの堆積や熱交換器への汚れの付着が例年よりも増えていることが予想される。


関連記事:ダイキンが教える冬のエアコン電気代を節約する方法7選 やりがちなNG行動も…

 

■電気代が増加する可能性も…

ホコリや汚れをそのままにして次の夏を迎えた場合、冷房時に電気代が増加するほか、不快なニオイの発生に繋がる可能性が。

そのため、エアコンの使用時間が増えた今冬のエアコンの冬じまいでは、室内機内部のエアフィルターの掃除や、熱交換器の汚れ具合の確認・洗浄などのメンテナンスが例年以上に重要である。

次ページ
■エアフィルター掃除のポイントを解説
掃除エアコン冷房暖房ダイキンメンテナンス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング