イモトアヤコ、聖火ランナー辞退の真相語る 「一番の懸念点は…」

5月下旬に地元鳥取県を走行する予定だったイモト。インスタで聖火ランナーへの思いを明かした。

2021/04/22 21:15

イモトアヤコ

タレントのイモトアヤコが22日に自身のインスタグラムを更新。同日発表された東京五輪の聖火リレー辞退について、その理由を説明した。



 

■一部報道を否定

鳥取県伯耆町出身で、5月21日と22日に県内の市町村を走行する予定だったイモト。インスタに「いろんな言葉が出まわってるなぁと感じた」ため、自身の言葉で辞退の理由をつづった。

はじめにイモトは、ニュースサイトなどで報じられている「県外から鳥取県に行くことを懸念しての辞退」を否定。「私は不要不急ではない県外への訪問は、普段からお仕事でさせてもらってます」と、県外移動が辞退の理由ではないと説明した。


関連記事:田村淳、聖火ランナーの辞退を発表 ファンからは「勇気ある決断」と反響

 

■一番の懸念点

続けて「自意識過剰ながら私が公道をランナーとして走ることで、人がたくさん集まってしまうのではないかということが一番の懸念点です」と、本当の辞退理由を明かした。

イモトは地元でも根強い人気があるタレントだ。公道を走ることになればたくさんのファンが押しかけていただろう。

またイモトは「この混沌とした前例も正解もない状況の今、五輪を目指すアスリートの皆さまはじめ関わってらっしゃるたくさんの方々がそれぞれの『最適解』を出しながら一つ一つ決断されていると思います」と、関係者へのメッセージをつづった。

次ページ
■鳥取県のファンは…
イモトアヤコ聖火リレー東京オリンピック・パラリンピック新型コロナウイルス新型コロナウイルス(COVID-19)
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング