V6・三宅健、厳しかった母の教育を振り返る 「字が汚い」と宿題ノートを…

母親が厳しく、ある日、宿題のノートを消しゴムで消されていたというV6・三宅健。その理由は母の意向に…。

2021/05/16 18:50

三宅健

V6の三宅健が、16日放送の『上田晋也の日本メダル話』(日本テレビ系)に出演。幼少期に受けていた厳しい教育について語った。



 

■母が厳しかったという三宅

番組中盤、飛び込みの坂井丞選手が、両親からスパルタ教育を受けていたことを紹介するVTRが。これにかけ、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也は、三宅に「三宅くんは親御さんとか厳しくなかった?」とたずねる。

三宅は「さっきのVTRを見て思い出したんですけど、ウチの母親も厳しくて」と答え、実際に受けた教育を告白。「宿題やったの?」という母にやったことを報告するも、学校でノートを開くと、やったはずの宿題が白紙にされていたことを振り返った。


関連記事:V6解散は潔い? 「森田剛と三宅健の絆の深さ」ゆえの結論か

 

■消した母の意向は…

当時の三宅少年は何事かと思ったが、ノートをよく見たところ、消しゴムで消した跡があるのに気付く。帰宅後、母に「これ何!?」と聞くと、母からは「字が汚いから。消されたくなかったら綺麗に書け」との返事が返ってきたという。

なんともスパルタなエピソードだが、おかげで周囲から字を褒められることが多いという三宅。その後、スタジオで実際に字を披露したのだが至って普通であり、上田からは「言うほど綺麗じゃ…」とツッコまれるオチがついたのだった。


■子供の教育にお金をかけたい?

スポーツや勉強もさることながら、字の綺麗さはその後の人生にも活きるスキル。お金がかかってでも、幼い内から身に着けさせたいという親も多いことだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の子供がいる男女657名を対象に調査したところ、全体の51.8%が「子供の教育にお金をかけたい」と回答。

性年代別に見ると、30~40代の女性で特に高い数字となった。子供が育ち盛りであることが多い年代のため、教育に強い関心を抱いているのかもしれない。

子供の教育の調査

教育的な様子の三宅の母だが、今も字が褒められるのなら、この厳しさは意味があったと言えるだろう。

・合わせて読みたい→『ダウンタウンなう』狩野英孝、週刊誌記者から聞いた衝撃の芸能ネタ 松本人志が絶句

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国20~60代の子供がいる男女657名(有効回答数)

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

テレビ学校教育習い事家庭くりぃむしちゅー上田晋也V6三宅健上田晋也の日本メダル話
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング