組事務所をイメージした「任侠カフェ」が話題 人気の秘訣を直撃

近所の人からは「あやしそうなので、きてみた」といった声も寄せられている。

2021/05/21 19:45

店内飾り
(写真提供:任侠カフェ)

任侠(にんきょう)とは、義理を重んじ、困っていたり苦しんでいたりする人を見ると放っておけずに、彼らを助けるために体を張る自己犠牲的精神や人の性質を指す。今月10日には、名古屋市中川区に「任侠カフェ」がオープンし大きな話題を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■クラウドファンディングを活用

店主の俺太郎さんは、2018年7月から活動を開始したバーチャルYouTuber懲役太郎の運営者。バーチャル刑務所に服役中という設定もあり、YouTube上では刑務所や組事務所などについても話題にしている。

店内風景
(写真提供:任侠カフェ)

そのため、実際の組事務所をイメージした「任侠カフェ」を開店することを決意し、資金をクラウドファンディングで募集。当初の目標額は500万円だったが、実際には約980万円集まった。


関連記事:話題の「競泳水着カフェ」、水着フェチ男女が集う至極まっとうな場所だった

 

■客がコスプレで演じる

今月始めのプレオープンを経て、10日の本格オープンからはSNSなどで大反響となっている。


この店のコンセプトは、客が組員、若頭、組長を演じること。そのため、コスプレをした客で連日にぎわっている。店員は「若い衆扱い」のため、ノリのいい客は「ご苦労」など組長になりきっているという。

次ページ
■メニューは本格的
SNSYouTubeYouTuber愛知県名古屋市パティシエガトーショコラ懲役太郎任侠カフェ組事務所
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング