北川景子、『リコカツ』クランクアップに感慨ひとしお 主人公に「すごく共感」

北川景子が、あす最終回を迎える主演ドラマ『リコカツ』のクランクアップに際し、コメントを寄せている。

2021/06/17 12:00

リコカツ

女優・北川景子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『リコカツ』(金曜・午後10時)が、このほどクランクアップを迎えた。



 

■あす18日に最終回

同ドラマは、“交際ゼロ日”でスピード結婚したものの、約1ヶ月で離婚してしまった主人公・咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・紘一(永山瑛太)を中心に、現代ならではの価値観と、いつの時代も普遍的な男女のもめごとを、“リコカツ”というキーワードを通じて描いてきた。

あす18日よる10時から放送される最終回の第10話では、互いの気持ちを確かめ合った咲と紘一が改めて交際をスタートさせる。

マンションを売却したことを後悔する二人のために、貴也(高橋光臣)が買い戻しの交渉を試みると、買い主が直接事情を聞きたいとして、自らマンションを訪れる。


関連記事:「ハイスペック元カレ」「恋愛のカリスマ」 北川景子主演ドラマ、新キャスト続々

 

■咲と紘一、二人の選択は

そんな中、咲は3年間のパリ研修の話を受けるかどうか悩んでいた。ようやく手にしたチャンスだったが、紘一との新たな生活を考えると、なかなか答えが出せない。研修を受けるとすれば、連(白洲迅)の新しい小説が完成した後で、時間が迫っていた。

一方、パリ研修の話を連から聞かされていた紘一は、咲のためにと悩んだ末に、ある決意を秘めていた。互いの幸せを優先しようとする咲と紘一は、どんな選択をするのか。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■みんなで作り上げてきた
夫婦コメント北川景子金曜ドラマクランクアップ永山瑛太リコカツ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング