ストロングゼロを入浴剤に使う『ストロング風呂』が最高 ストロングマニアに最適

ストロングゼロを風呂に入れると、ぽかぽか感が最高。

グルメ

2021/06/21 06:15

コンビニやスーパーで購入できるストロングチューハイの中で、トップクラスの人気を誇る『ストロングゼロ』。普通に飲むだけでなく料理にも使え、ストロングゼロを素材にした料理は『ストロンググルメ』と呼ばれている。


画像をもっと見る

 

■ストロングゼロを風呂に入れる

そんな万能酒であるストロングゼロ、じつは料理だけでなく、お風呂に入る時にも使えるのだ。

使い方は簡単で、入浴剤の代わりにストロングゼロを適量入れるだけ。記者はビターレモン1缶の半分ぐらいを目安に入れている。


関連記事:ストロングゼロを牛乳代わりに使う『ストロングシリアル』 気持ち良い朝になる味

 

■柑橘の香りでリラックス

見た目は普通のお湯と変わらないが超ほんのりと柑橘の良い香りが漂い、あくまで個人の感想だがリラックス効果がある気がしてくるほど。

オッサンの入浴シーンは誰も見たくないと思うのでつま先だけにしておくが、入浴中はまるでストロングゼロに抱擁されているかの如き安心感がある。


■入浴後もぽかぽか

アルコールの効果だろうか、入浴後もぽかぽかが続き最高。また、もう1ついいこととしては半分を風呂に入れることで飲酒量が減り、健康的な生活が送れること。

1つ注意点としては、絶対に入浴中に飲酒はやめて、飲むのは風呂上りにしよう。ストロングマニアとして危険行為は絶対に避けねばならず、同志にも安全に楽しくストロングライフを送ってほしいのだ。

・合わせて読みたい→九条ねぎ、入浴シーン配信するも「芋ようかんに埋まっている人」に!?

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(4枚)