パンダの指は7本ある? アンタッチャブル柴田の解説に驚き広がる

『秘密のケンミンSHOW極』に出演の柴田英嗣。パンダの指が7本になった理由は笹を持ちやすくするため?

テレビ

2021/06/24 23:05

アンタッチャブル・柴田英嗣

24日放送の『秘密のケンミンSHOW 極』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が出演。番組中に披露した雑学が、ネット上で話題になっている。



 

■パンダは「冬眠しない」

番組ではまず、新潟県の名物である「笹だんごパン」を特集。パッケージに描かれたパンダが「可愛い」と注目を集めているところ、柴田はとつぜん雑学を披露。

「パンダって熊の仲間なんですけど、冬眠しないんですよね。笹が永遠にある(食べられる)から」とコメントすると、笑いと同時に「へえ〜」と驚きの声が。

「もともと他の動物に襲われたりして、山の寒いほうに逃げていって笹だけ食べるようになった」と加えると、MC・久本雅美から「パンの話をしろ!」とツッコまれてしまうのだった。


関連記事:ゲッターズ飯田、来年スキャンダルを起こす芸人をズバリ予想 「リアル…」

 

■「指が2本出てきた」

お笑いタレントであると同時に、「芸人界一動物が好き」と語るほどの動物マニアでもある柴田。書籍を出すなどし、その博識ぶりは一部ではよく知られている。

さらに笹だんごパンを実食したあと、再び久本からパンダの雑学について問われると「パンダって、指7本あるんですよ」と即答。「笹を持つと落ちちゃうってことで、指が2本出てきたんですね」と解説し、スタジオをどよめかせた。

次ページ
■「勉強になりました」と久本感動

この記事の画像(2枚)