気持ちは冷めきっているのに… それでも恋人と別れない理由とは

恋人への気持ちが冷めきってしまっても、別れない人もいる。冷めた気持ちのまま付き合い続けている理由について話を聞いた。

男女

2021/06/30 17:30

カップル
(SunnyVMD/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛が始まった当初は、このまま永遠に一緒にいるものだとお互いに思うもの。しかし月日が流れれば、相手への思いが薄れてしまうこともあるだろう。

そして気持ちが冷めても、相手との別れを選ばない人もいるという。そこで、しらべぇ取材班は「冷めきった関係でも恋人と別れない理由」について経験者に話を聞いた。



 

①別れ話を切り出すのが面倒

「付き合っている彼女がいるのですが、はっきり言って気持ちは冷めてきているんです。ただ別れ話を切り出すのは、とても勇気がいります。こじれて面倒なことになるのも嫌なので、付き合いを続けている状態です。


自分でもそんな気持ちだけで付き合っているのは、とても不誠実だと思います。思い切って別れ話をしようと考えることもありますが、結局は言えない日々が続いているんです」(20代・男性)


関連記事:ハッキリ言わないのは卑怯 元カレにされた最悪な別れ方4選

 

②次の相手が見つかるまでキープ

「私は高校時代から今まで、彼氏が途切れたことがないんです。そのために、彼氏のいない生活が想像できません。彼氏への気持ちは冷めているのですが、一緒にいる人を失うのが嫌なんです。


きっと次に付き合う相手が見つかるまで、彼氏との付き合いはやめないでしょう。キープしているような感じなので、ものすごく最悪な女性だと自分でも思いますが…」(20代・女性)

次ページ
③ひとりになるのが寂しい

この記事の画像(1枚)