静岡県・大雨警報で一時32万人に避難指示 狩野川増水で道路標識も危機一髪

市は「大雨で浸水しやすい地点のため、国と根本的な対策を検討していかなければならない」と述べた。

2021/07/02 18:15

静岡豪雨

本州の南に停滞する梅雨前線の影響で、太平洋側では2日大雨となった。これまでの雨で地盤が緩んでいる場所もあり、気象庁は土砂災害に厳重な警戒を呼びかけている。



 

■30ミリ以上の大雨

気象庁によると、東海や近畿では断続的に大雨となり、静岡県や和歌山県では1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測。


静岡県では全域で大雨警報が発令され、2日午前9時現在、静岡市や浜松市、沼津市など8市町村の計15万2千世帯、約32万人に避難指示が出された。沼津市内の狩野川の水位も大きく上昇。


関連記事:『バイキング』中継先に現れた気象予報士の正体に驚き 「天気入ってこない」

 

■道路標識が浸水

狩野川の特に低い地点の道路標識は、河川の増水の影響から、半分程度水につかってしまった。投稿者のオザワちゃみおさんは「ここは大雨になると、川と通路の境界をよく越えるが、ここまで上がってきたのは久しぶり」と話す。

また、「雨がかなり強い時点で通行止の柵が置かれるので、あまり危険性を感じたことはない」と語る。


■明日も大雨に警戒

沼津市道路管理課は、しらべぇ編集部の取材に対して「現場は細い道で坂になっているため、車が行ってしまうと、バックでしか戻ることができなくなってしまう。そのため、早めに通行禁止のバリケードを設けた」と語る。

また、「大雨で浸水しやすい地点のため、国と根本的な対策を検討していかなければならない」と述べた。

気象庁によると、明日3日にかけても、梅雨前線は本州南岸に引き続き停滞し、前線に向って暖かく湿った空気が流れ込む見込み。愛知県や静岡県では、多いところで40ミリの雨量が予想されている。

・合わせて読みたい→関東甲信は梅雨入りまだ 「なぜ梅雨入りしないのか」を気象予報士が解説

(取材・文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

大雨静岡県浜松市土砂災害梅雨前線避難指示増水狩野川道路標識
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング