有吉弘行、飛び込み失敗した芸人の驚きの行動明かす マツコは「怖っ」

内臓を集めていた?有吉弘行が飛び込みにまつわる恐怖エピソードを明かす。

テレビ

2021/09/10 22:35

有吉・マツコ
お笑いタレントの有吉弘行が10日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)に出演。後輩芸人の恐怖エピソードを明かした。



 

■内臓集めてた?

スタジオでは、先月終了した東京五輪の話題に。競技だった板飛び込みを仕事で現地観戦したという久保田直子アナウンサーは「最高におもしろいです」と満面の笑みを浮かべた。

そんな中、有吉が「(飛び込みで)後輩が10メートルのところから背中から落ちて、内臓集めてたからさ。パニックになっちゃって怖いんだよ」と衝撃的なエピソードを突然口にする。


関連記事:マツコ&有吉、サブウェイの注文に戸惑った苦い過去を回顧 「洗礼を受けた」

 

■マツコは「怖っ…」

有吉によると、その後輩とは、芸人のサブロクそうすけのことで「(内臓は)出てないんだけど、『出た!』って勘違いしたって。背中をバーンと打ったのよ。そうしたらすごい衝撃で内臓がボーン! って出たと思ったんだって」。

両手で何かをかき集めるサブロクそうすけに、有吉が「何やってんだ?」と問うと「内臓が…」と、あまりの衝撃に動揺していたそう。この話に共演者のマツコ・デラックスは「怖っ…」「なんの話してんのよ!」とスタジオの空気を一変させた有吉にツッコミを入れた。

次ページ
■有吉は反省