大谷翔平選手、2試合連続ノーヒットもチームは勝利 ファンは状態の悪さを指摘

2試合連続ノーヒットで本塁打王争いに暗雲。三つ巴の争いを制するのは誰になるのだろうか…。

2021/09/16 13:30


 

■注目の本塁打王争いは…

注目されている本塁打王争いは、ウラジミール・ゲレロJr内野手(トロント・ブルージェイズ)が45本でトップのまま。サルバドール・ペレス捕手(カンザスシティ・ロイヤルズ)は16日に、2試合連続の44号を放ち、大谷選手に並んだ。

三つ巴の戦いとなったが、いち早く抜け出すのは誰になるのだろう。白熱する展開から、目が離せなくなってきた。


関連記事:大谷翔平選手、完璧な当たりの42号本塁打 「ホームラン王にまた一歩近づいた」

 

■状態の悪さを心配する声

2試合連続ノーヒットの大谷選手にネットでは、「ちょっと三振が多すぎるなぁ」「スランプかな」「当たっても右方向に引っ掛けるようになっている」と状態の悪さを心配する声が続出。

他には、「本塁打争いがまじで面白くなってきた」「最後まで頑張れ」といった、3人の激戦を楽しむファンのコメントも多く見られた。

・合わせて読みたい→大谷翔平選手、破壊力抜群の第37号本塁打 「言葉が出ないほどすごい」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

シーズン終盤、これを着て大谷選手を応援しよう【Amazon】

MLB大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス本塁打王ウラジミール・ゲレロJrサルバドール・ペレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング