8年ぶりに満月となる中秋の名月 専門家は「色の変化と模様も楽しんで」

「地域によっても変わるが、一般的に月は時間帯によって赤から黄色、その後白っぽく見えるようになる」と専門家は話す。

2021/09/21 14:55

中秋の名月

今年の「中秋の名月」は9月21日で、8年ぶりに満月と同じ日だ。旧暦の8月15日の夜に見える月のことを指すが、農業の行事と結びつき「芋名月」と呼ばれることもある。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったともいわれている。



 

■中秋の名月の由来

月は自分で光っているわけではなく、太陽の光が当たっているところだけが光る。また、月が地球の周りをまわることで、地球からの見え方はほとんど見えない新月からまん丸の満月へと変化していく。その様子を「月の満ち欠け」といい、29.5日ごとに繰り返される。

旧暦は、この月の満ち欠けを基準に、新月なる日を各月の1日としていた。そのため、毎月真ん中の15日はほぼ満月となる。「中秋」とは字の通り「秋の真ん中」という意味だが、旧暦は7・8・9月を秋としていた。よって旧暦8月15日が中秋の名月と名付けられた。

【動画】赤い月の前を飛行機が通過する様子


関連記事:26日夜は「スーパームーンの皆既月食」を観察するチャンス 注目は赤黒い月

 

■一年で最も美しい月

中秋の名月は、一年で最も美しい月といわれているが、それはなぜか。秋は気温が下がり、空気中の水蒸気が減るため、月がくっきりと綺麗に見えやすくなるのだ。

また、月の高さは太陽の逆になるため、夏は低く冬は高くなる。そのため、秋は月を地上から見上げるためにはちょうどよい高さとなる。

次ページ
■中国地方以北でチャンス

夜空と月の物語 【Amazon】

ツイッター中国太陽地球平安時代満月中秋の名月平塚市博物館旧暦芋名月
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング