学校備品を破壊する動画投稿で15歳少年が逮捕 動機はTikTokでのトレンド入り

SNSのトレンドは学校備品の破壊。未成年の犯行ながら、学校側は厳しい対処をとることを決めた。

2021/09/25 20:00

学校・教室

学校の備品を破壊したり盗んだりする様子を撮影し、その映像をTikTokで共有したことで、10代の若者が逮捕された。アメリカのメディア『FOX News』が報じている。



 

■高校で備品破壊事件が発生

16日、アメリカ・フロリダ州にあるバルトー高校から地元警察に、「校内の男子トイレが破損している」と通報があった。

被害状況は各45ドル(約4700円)相当の液体せっけん入れ2個の破壊となっており、これらは壁から取り外され、1個はトイレの洗面台で発見され、もう1つは行方不明だった。

そして18日、バルトー警察は15歳の少年を逮捕したと発表。少年は罪を認めており、SNSのトレンドに参加して自分を「クール 」に見せるための犯行だと述べているという。少年の携帯電話からは、破壊の様子を撮影した動画も見つかっている。


関連記事:113キロの女が息子の友人である17歳少年を性的暴行 酒と巨体を使った計画的犯行か

 

■破壊行為はハッシュタグのため

少年を破壊行為に導いたのは、TikTokでトレンドとなっていたハッシュタグ「#deviouslicks」だった。

これはdevious(不正な)とLickを組み合わせた造語で、ネットスラングの辞書によると、「lick 」とは「主人公が納得し、感銘を受け、報酬を得ることができる成功した窃盗の一種」とされている。

多くの子供たちがこのハッシュタグを付けて動画をアップロードし、はやらせることを目的に、破壊行為を繰り返していたのだ。

次ページ
■運営が削除

TikTok 最強のSNSは中国から生まれる【Amazon】

トイレトレンド動画SNSアメリカ賠償金ハッシュタグ懲戒処分破壊TikTok告発翻訳記事液体せっけん入れdeviouslicks照明器具ペーパータオルホルダー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング