霜降り・粗品、第7世代ブーム終焉に「気持ちがいい」 終わらせたのは…

霜降り明星・粗品が「お笑い第7ブーム」について言及。ブームが終焉を迎えつつある昨今の本音を口にして…。

2021/09/26 10:20

霜降り明星・粗品

26日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)にお笑い賞レース2冠王者の霜降り明星・粗品、マヂカルラブリー・野田クリスタル、ゆりやんレトリィバァが集結。粗品が相方のせいやが提唱してしまった「お笑い第7世代」への辛辣な本音を漏らした。



 

◼せいやが発端だが…

せいやが深く考えず口にした「お笑い第7世代」という言葉が独り歩き、霜降りやEXIT、四千頭身ら平成生まれの若手コンビを指す総称になり、一躍お笑い第7世代ブームが起きた。

賞レースへの思いや本業のお笑い・それ以外の仕事について語っていったこの日。野田は粗品に「そういえば第7世代ってどこいったの? あんまり言われなくなったよね」とブームが落ち着き第7世代という言葉を耳にしなくなったと語りかける。


関連記事:鬼越トマホーク、第7世代の人気芸人に嫉妬爆発 「ニューヨークで大爆笑ってある?」

 

◼粗品の辛辣な本音

粗品は「(第7世代って言われなくなって)気分は良いですね。特に、お笑い第7世代のなかで勝負なんで『あいつら最近見ぃへんな』って気持ちいいですよ」と告白する。

「第7世代って言われている間は軽くイラッとしてた?」と野田が尋ねると、粗品は「しますね」と即答した。

「『一緒にすな』ってめっちゃ思ってたんですよ、第7世代のやつらと、俺は頑張ってるのに。『俺は頑張ってるのに、第7世代と一緒にすな』っいうやつほかにもおって『誰が言うてんねん』『お前が言うな、お前は第7世代で良かったやろ』っていう人もようけいて」と力説。

「やっとちゃんとお笑いをできるというか」と本音を漏らした。

次ページ
◼マヂラブの功績?

霜降り明星のおうちでギャラハンティング

テレビボクらの時代ゆりやんレトリィバァ霜降り明星マヂカルラブリーせいや粗品野田クリスタルお笑い第7世代賞レース
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング