「ヒツジを数える理由」をチコちゃんが解説 科学的にも意味があった

『チコちゃんに叱られる』眠りたいときにヒツジを数える理由に迫る。日本語では意味がなかった。

2021/12/11 09:55


 

■数えるようになった理由は?

その切り替えのきっかけとなりやすいのがヒツジという言葉。だが、これは英語の「SHEEP(シープ)」である必要があるという。日本語のヒツジは効果がないようだ。

寝る前にヒツジを数える文化は「SHEEP」と「SLEEP」の発音が似ていることから英語圏ではじまった。日本では、アニメやセサミストリートなどを通じて1970年代以降に伝わり、「ヒツジ」と訳されて定着した。


関連記事:杏、やらかしたザキヤマを1人フォローする姿に称賛 「好感度爆上がりだよ」

 

■リラックス状態に切り替え

似ているという理由で数えられるようになったヒツジだが、科学的にも意味がある。番組ではこの効果を測るため、シープと発音する人の脳波を測定。

「シープ」「シープ」と呪文のように唱えて実験する番組スタッフ。呼吸がだんだん遅くなり、ゆっくり落ち着いた状態となったスタッフ。ヒツジを数え始めてまもなく、呼吸は等間隔に。

これが切り替えのスイッチとなり、副交感神経が優位になった状態へとなっていく。数え始めて7分後、スタッフは眠りにつく。脳波も覚醒から睡眠へ変わった。

シープという言葉は息をゆっくり吐くからこそ意味があり、「ヒツジ」で実験してもリラックス状態にはならなかったと解説された。

・合わせて読みたい→通販サイトおすすめ『超快眠グッズ3選』が最高 眠りの質がいつもとは違った

(文/Sirabee 編集部・Aomi

不眠症の9割は歩くだけで治る【Amazonでチェック】

テレビ睡眠NHKリラックスチコちゃんに叱られるチコちゃん交感神経ヒツジ副交感神経
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング