テリー伊藤、政府の現金給付に疑問 「必要なんですか?」「日本ってお金ない」

物議を醸している政府の現金・クーポン給付を、テリー伊藤が“そもそも論”の観点から批判している。

2021/12/12 11:30

テリー伊藤

12日に生放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、タレント・構成作家のテリー伊藤がレギュラー出演。世間で大きな話題となっている現金・クーポン給付について、「必要なんですか?」とそもそも論を展開した。



 

■賛否が続くクーポン・現金給付

ご存知の通り、政府は18歳以下へ現金5万円、クーポン5万円の計10万円給付を決めているが、高額な事務経費や効果の不透明さからクーポン給付は批判の的になっている。

また、クーポンの場合は自治体によって7月に給付がずれ込む可能性もあるとのことで、スタジオでもその是非を論じることに。

テリーはまず、「7月っていうと、その前に参院選がありますよね? すると前倒しする可能性もすごく高いと思う。『政府やったな!』って好感度上がるから。そういう駆け引きもあると思う」と選挙前の人気取りも関係するのではと推察した。


関連記事:梅沢富美男、政府の現金給付案に激怒 「政治家の公約守られたこと1つもない」

 

■「必要なんですか?」とそもそも論

するとここで、テリーは「僕、個人的なこと言うと… 必要なんですかこれ? 10万円自体が」と、1人で“そもそも論”からの疑問を提起する。理由については、「日本ってお金ないじゃないですか?」と、膨らみ続ける財政赤字を持ち出した。

続けて、「これって何かというと、先日の衆議院選挙のときにみんなが言ったことですよ、野党も与党も。言い出しちゃったからやってるだけで」と各党が躍起になっていると指摘する。

次ページ
■太田光の意見にも賛同

テリー伊藤の天才ノート【Amazonでチェック】

テレビ政治テリー伊藤爆笑問題太田光サンデー・ジャポン現金給付クーポン給付財政赤字赤字国債
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング